台風18号2022(たまご)現在の進路予想まとめ! 気象庁・米軍情報や台風対策も徹底調査!

どうも、世の中の色々なことに興味津々の「ゆう」と言います。

2022年9月28日現在、日本の南にある熱帯低気圧は24時間以内に

台風へ変わる見込みです。

予報円も大きく、今後の進路によっては、大きな被害をもたらす可能性もありますので、

今回は

  • 台風18号(たまご)の進路予報
  • 米軍・気象庁の最新情報
  • 台風の発生の仕組み
  • 台風対策/実践編

など、まとめてみました。

台風が接近する地域にお住まいの方は、最新の情報を確認し

早めに台風対策や避難の準備をされてくださいね。

目次

台風18号たまご(2022)の進路予想

9月28日18時現在の最新情報

【熱帯低気圧c】

  • 強さ ⇒ —
  • 中心位置 ⇒ 北緯22度10分/東経131度55分
  • 速さ ⇒ 20km/h
  • 中心気圧 ⇒ 1002hPa
  • 最大風速 ⇒ 中心付近で15m/s
  • 最大瞬間風速 ⇒ 23m/s
  • 暴風域 ⇒ —
  • 強風域 ⇒ —

こちらは、yahoo!天気・災害の情報をまとめてみました。

この熱帯低気圧は、今後日本の南を北上して、29日(木)には南大東島近海で台風に発達する見込みです。

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/2212.html

台風の通り道の周辺にお住いの皆様、十分にご注意下さい。

台風18号たまご(2022)気象庁の進路予想

こちらは、気象庁発表の台風18号の進路予想です。

こちらの進路予測にて下記のような但し書きがありました。

  • 台風の中心は必ずしも予報円の中心を結ぶ線に沿って進むわけではありません。
  • 予報円は70%の確率で台風の中心が入る範囲を表しており、台風の大きさの変化を表すものではありません。
  • 台風が熱帯低気圧や温帯低気圧に変わっても、引き続き大雨や強風、高波などの激しい現象が発生するおそれがあります。各地の気象台では、大雨や強風、高波などに関する警報や注意報、気象情報等を発表して警戒や注意を呼びかけていますので、最新の情報に留意してください。

\突然の停電に備えましょう/

台風18号たまご(2022) 米軍の進路予想

台風の進路予想を調べる際、「米軍」というキーワードが出るのですが

「米軍合同台風警戒センター(JTWC)」の事を指します。

米軍合同台風警戒センター(JTWC)は、アメリカ・ハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関でアメリカ軍のための気象情報機関です。一般の人も簡単にアクセスすることができます。

【2022年9月23日現在】

赤矢印 のTD20Wが台風18号のたまごになります。

ちこちら図の見方は以下のようになります。

  • 黄丸 ⇒ 24時間以内の発達は考えずらい
  • オレンジ丸 ⇒ 発達しても24時間以上かかる
  • 赤丸 ⇒ 24時間以内に発達します
  • 水色丸 ⇒ 熱帯低気圧と温帯低気圧の中間的な性質
  • 赤矢印 ⇒ 熱帯低気圧・台風

※赤丸になる条件としては、「風速18m/s以上になる可能性がある」ということだそうです。

また、こちらは台風18号(たまご)に着目した進路予想図となっています。

最後、急に方向転換している様な気がするんですが。。。

今後の動きに注意ですね。

JTWCが発表する時刻表記を日本時間に直す際は、「プラス9時間」としてください。
例)「01/06Z」は「1日/06:00」という意味。日本時間にすると「1日/15:00」になります。

台風18号たまご(2022)windyの進路予想

windyとは、チェコの気象機関会社です。

下記は風向きと雨量を示しています。

視覚的にも分かりやすく、左下の三角をタップすると

今後の雲の動きなどの予測をシミュレーションで示してくれます。

台風18号たまご(2022)ヨーロッパの進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)では
10日間の予想天気図を確認することができます。

2022年9月29日(木曜) 12 UTC

2022年9月30日(金曜) 12 UTC

2022年9月23日(金曜) 12 UTC (T+24)

2022年10月1日(土曜) 12 UTC

2022年9月23日(金曜) 18 UTC (T+30)

2022年10月2日(日曜) 12 UTC

2022年9月24日(土曜) 00 UTC (T+36)

2022年10月3日(月曜) 12 UTC

2022年10月4日(火曜) 12 UTC

2022年10月5日(水曜) 12 UTC

2022年10月6日(木曜) 12 UTC

2022年10月7日(金曜) 12 UTC

台風18号たまご(2022)世界の気象機関の進路予想

世界の気象機関による予測をまとめているサイトもありましたので

ご紹介しますね!

各国の予想にばらつきがあるよう様です。

今後の動くでは、日本に影響が出てくる進路もありますので、最新情報を必ず確認してくださいね!

\「GPV Weather」の各国モデルの進路予想はコチラ/

台風が発達する要因とは?

気象庁のHPによると、台風の一生には、

  • 発生期
  • 発達期
  • 最盛期
  • 衰弱期

のつの段階に分けることができ、日本に接見する台風は主に「最盛期」「衰弱期」のモノだそうです。

台風は赤道付近で発生することが多いそうなのですが、

その理由としては、熱帯の海上は上昇気流が発生しやすい!ということが挙げられます。

上昇気流によって積乱雲(入道雲ともいわれますよね!)が多数集まり、渦を形成するようになります。

そちらの渦の中心の気圧が下がり、どんどん発達していくと

熱帯低気圧が発生し、風速が17m/sを超えたものを台風と言うそうですよ!

温かい海水温から上昇気流が発生し、どんどんと水蒸気を供給された台風は、中心の気圧が下がり発達していきます。

ニュースでも「日本周辺の海水温が高くさらに台風が発達する」というようなことを

耳にするような気がしますが、

台風の発達と海水温は密接に関係あるのですね。

\日本近海の海水温の様子(Windy)/

台風18号たまご(2022)による新幹線の運行情報

\▼新幹線の運行状況はコチラ▼/

台風18号たまご(2022)による大手電力会社の停電情報

\▼各電力会社の運行状況はコチラ▼/

\突然の停電に備えましょう/

台風対策まとめ【実践レビュー有】

わたくし、ゆうは九州に住んでおり、

先日、九州に大きな爪痕を残した台風14号は本当にしっかりとした対策をとらないと

大変なことになるかもしれない!と思い色々と準備をしました。

そちらの対策をいくつかご紹介しますね!

台風対策その1/お風呂の水を溜める

断水になった場合の生活用水確保ですね!

台風対策その2/水のうを作る

台風など大雨の場合、下水道の水位が上がり、トイレやお風呂などから

下水が逆流する場合があるそうです。

その際、こちらのゴミ袋に水を入れたもの(水のう)を準備しておけば、

トイレに蓋をするように設置すれば逆流を防ぐことができます。

生活用水の確保にもなりますし、重さも十分ありますので、

お庭においてあるけど、部屋の中には避難できない飛ばされそうなもの(例えば、ポリバケツなどのゴミ箱)

の上においておけば、重石にもなります。

台風対策その3/ペットボトルに水を入れて凍らす

こちらは飲み水確保ではありますが、

停電の際の冷蔵庫代わりにもなります。

台風対策その4/河川情報を確認

台風の際、風だけでなく、大雨に対する準備も必要です。

我が家は河川の近くに住んでいたので、氾濫しないのかどうか?ということも

かなり気になりました。

台風だけでなくゲリラ豪雨や線状降水帯の発生などもあり、

瞬く間に河川の上昇がみられる場合がありますよね!

私は良く、国土交通省の「川の防災情報」を確認していました。

河川状況が一目でわかる、ライブカメラや水位を示すグラフなんかが地図上に

設置されているので、お住いの近くの河川を検索して簡単に確認することができます。

\▼川の防災情報▼/

まとめ

今回は

台風18号2022(たまご)現在の 進路予想まとめ! 気象庁・米軍情報や台風対策も徹底調査!

と題してご紹介しました。

備えあれば憂いなしと言いますが、

幼いころから台風をよく体験していた九州住みの私が感じているのは

  • 早めの台風対策
  • 最新情報を常に確認
  • 避難についても考えておく

などはしておいてたほうが良い!と感じました。

飲み水や停電の際の灯りの準備など、

早めに準備することをオススメします!

楽天24 ドリンク館
¥3,888 (2022/09/23 06:40時点 | 楽天市場調べ)

台風の進路予想は変わりやすいので、最新情報を確認されて行動するようにされてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次