台風11号(2022)の進路予想まとめ!米軍・気象庁の最新情報や強さも徹底調査!

どうも、世の中の色々なことに興味津々の「ゆう」と言います。

2022年8月28日15時、南鳥島近海で台風11号が発生!という気象庁の発表を基に

  • 台風11号の進路予報
  • 米軍・気象庁の最新情報
  • 台風11号の強さ

など、まとめてみました。

台風が接近する地域にお住まいの方は、最新の情報を確認し

早めに台風対策や避難の準備をされてくださいね。

目次

台風11号(2022)の進路予想

9月1日21時現在の最新情報
8月29日21時現在の最新情報
8月28日21時現在の最新情報

【台風11号/HINNAMNOR(ヒンナムノー)】

  • 強さ ⇒ 猛烈な
  • 中心位置 ⇒ 北緯21度30分/東経125度30分
  • 移動 ⇒ 15 km/h
  • 中心気圧 ⇒ 920 hPa
  • 最大風速 ⇒ 55m/s (中心付近)
  • 最大瞬間風速 ⇒ 675m/s

こちらは、yahoo!天気・災害の情報をまとめてみました。

この台風は今後、次第に動きが遅くなり、2日(金)午前中にかけて沖縄の南でほとんど停滞した後、午後からは北上をはじめ、3日(土)夜には先島諸島へかなり接近する見込みです。その後、4日(日)から5日(月)頃にかけて東シナ海を北上し、6日(火)には九州へ接近するおそれがあります。

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/2211.html

私の人生史上、今までに見たことのない気圧の低さなのですが、

かなり強い影響を及ぼす可能性がありそうですね。

台風の通り道の周辺にお住いの皆様、十分にご注意下さい。

台風11号(2022) 最新情報【米軍】

台風の進路予想を調べる際、「米軍」というキーワードが出るのですが

「米軍合同台風警戒センター(JTWC)」の事を指します。

米軍合同台風警戒センター(JTWC)は、アメリカ・ハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関でアメリカ軍のための気象情報機関です。一般の人も簡単にアクセスすることができます。

【2022年8月28日現在】

赤矢印 が台風11号になります。

ちこちら図の見方は以下のようになります。

  • 黄丸 ⇒ 24時間以内の発達は考えずらい
  • オレンジ丸 ⇒ 発達しても24時間以上かかる
  • 赤丸 ⇒ 24時間以内に発達します
  • 水色丸 ⇒ 熱帯低気圧と温帯低気圧の中間的な性質
  • 赤矢印 ⇒ 熱帯低気圧・台風

※赤丸になる条件としては、「風速18m/s以上になる可能性がある」ということだそうです。

また、こちらは台風11号に着目した進路予想図となっています。

JTWCが発表する時刻表記を日本時間に直す際は、「プラス9時間」としてください。
例)「01/06Z」は「1日/06:00」という意味。日本時間にすると「1日/15:00」になります。

台風11号(2022) 最新情報【気象庁】

こちらは、気象庁発表の台風11号の進路予想です。

こちらの進路予測にて下記のような但し書きがありました。

  • 台風の中心は必ずしも予報円の中心を結ぶ線に沿って進むわけではありません。
  • 予報円は70%の確率で台風の中心が入る範囲を表しており、台風の大きさの変化を表すものではありません。
  • 台風が熱帯低気圧や温帯低気圧に変わっても、引き続き大雨や強風、高波などの激しい現象が発生するおそれがあります。各地の気象台では、大雨や強風、高波などに関する警報や注意報、気象情報等を発表して警戒や注意を呼びかけていますので、最新の情報に留意してください。

\突然の停電に備えましょう/

台風11号(2022) 最新情報【windy】

windyとは、チェコの気象機関会社です。

下記は風向きと雨量を示しています。

視覚的にも分かりやすく、左下の三角をタップすると

今後の雲の動きなどの予測をシミュレーションで示してくれます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる