『孤狼の血』ヒットに続き、また、アウトロー映画の傑作が誕生しました。 ヤマシタマサ監督『東京ノワール』8月5日上映決定

2018.06.09

男には地獄まで持っていかなければならない秘密があった… 新世紀に相応しいハードボイルド・バイオレンスの快作『東京ノワール』が2018年8月4日(土)に公開が決定した。公開決定に合わせて、ビジュアルと予告編も解禁となった。
監督は『狂犬』(2016)と本作で夕張ファンタオフシアターコンペ連続入賞、夕張ファンタの孤高のアウトロー、ヤマシタ マサ。香港ノワールとタランテイーノアクションへのオマージュを込めた斬新な演出が映画ファンに熱狂的に支持される。撮影監督は若松孝二監督『我に撃つ用意あり』、三池崇史監督『ゼブラーマン』、最近では橋本一監督『探偵はBARにいる』の名匠田中一成。裏社会TOKYOの光と影の世界をシャープな映像で切り取っている。主演は小劇場での活躍が注目されている井上幸太郎。ほか木山廉彬(「仮面ライダービルド」)など、若き俳優陣が結集。また、名優寺田農が老練な芝居を披露する。

監督コメント
学生時代からヤクザ映画を敬愛していました。
ですが近年めっきりヤクザ映画が制作されることはなくなりました。
残念ながらヤクザ映画は絶滅危惧種のジャンルになってしまっています。
じゃあ、自分達で作れば・・・という衝動が「東京ノワール」の企画のスタートでした。
色々とリサーチして分かった事は改正暴対法施行後のシビアなヤクザ社会の現実です。
銀行口座を開設できない、子供を保育園に預けられないなど。
ヤクザに人権なんてない。
これらの現状を踏まえて、若い人達にも共感してもらえるような作品作りを目指しました。
ヤクザ映画ブームが再びやってくることはないかもしれません。
ですが、世の中に全く存在しないのは逆に不健全な社会だと思います。必要悪とし「東京ノワール」の様な映画が存在しなければならないのです。

伊藤俊也監督からも熱いコメントをいただきました

裏社会からの脱出を試みる男とその息子の切迫したドラマを、時間軸を巧みに交錯させながら、相棒とその娘との運命的なドラマに熔接する新鋭ヤマシタ・マサ監督のまさに火花の弾けるような力業!!伊藤俊也(映画監督『女囚701号 さそり』)

 

【STORY】
「他人の首にぶら下がるばかりの世界には愛想が尽きた・・・」相棒の一周忌を目前に裏社会から引退の決意をした鳴海。が、最後の仕事と決めた拳銃の密売取引で思わぬ銃の暴発が起き、仲間の情報屋・島袋が相手の組員を射殺してしまう。しかも、殺した組員が潜入捜査官だった事が判明、鳴海と島袋はついには裏社会からも警察組織からも狙われるはめになる。追い詰められる鳴海、運命の24時間が過ぎようとして行く。そして、残酷な運命は息子たちの青春をも踏みにじり、新たな悲劇を巻き起こすのか・・・。

<上映スケジュール>
8月4日(土)から8月17日(金)まで、連日21:00から上映

『東京ノワール』
監督・脚本・編集:ヤマシタ マサ
エクゼクティブ・プロデューサー:瀬戸恒雄 プロデューサー:旭 正嗣
撮影:田中一成『我に撃つ用意あり』『探偵はBARにいる』
音楽:34423
出演:井上幸太郎、両國 宏、大鷹明良、日下部一郎、太田 宏、河西裕介、馬場莉乃、夏目慎也、阪本 篤、小高 仁、
木山廉彬、鈴木 研、原元太仁、亜矢乃、寺田 農
2018年/日本/日本語/カラー/約82分
© 2018「東京ノワール」フィルムパートナーズ

https://www.facebook.com/cinemafirstfilms

協賛・協力

  • PICTURES.様
  • 朝日新聞様
  • 北海道新聞社様
  • 読売新聞北海道支社様
  • 十勝毎日新聞社様
  • EPSON様
  • SAPPORO様
  • ポッカサッポロ様
  • 株式会社スターチャンネル様
  • (株)ゼロワン様
  • ANA様
  • 総合商研(株) 様
  • TSUTAYA様
  • 日本郵便(株)様
  • ゆうちょ銀行(株)様
  • ネクスコ東日本様
  • 新千歳空港ターミナルビルディング(株)様
  • マメゾウピクチャーズ様
  • マルハニチロ株式会社様
  • サンケイ技研様
  • 株式会社ティーシーエイ様
  • (株)アメリア・ネットワーク様
  • ホクユーパックグループ様
  • ユナイテッド・コモンズ法律事務所様
  • (株)プリズム 様
  • 芸術文化振興基金様
  • 幸福の黄色いハンカチ基金 様
  • (公財)JKA様
  • カタギリ・コーポレーション(株)様

KEIRIN.JP