『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』 注目の若手クリエイターによる、キービジュアルが公開! 今年も豪華話題作が集結!

2018.01.28

1990年からスタートし、多くの映画人や映画ファンから愛され続ける「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が、2018年3月の開催で28回目を迎える。本映画祭は、夕張市の財政難によって一時は開催が見送られたが、映画祭運営を市から民間に移行し2008年に復活。長年多くの人々から愛され続ける本映画祭が、今年も3月15日(木)~3月19日(月)までの5日間に渡り開催される。

そしてこの度、本映画祭のキービジュアルが公開となった!

製作を務めたのは、次世代の若手クリエイターとして業界内から注目を集める宇治茶氏。自身初監督作品の『燃える仏像人間』では、「第17回文化庁メディア芸術祭」でエンターテイメント部門優秀賞し話題となった。さらに「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013」でも、本作が上映作品として選出されるなど、実は本映画祭と縁の深い人物でもある。
そんな若きクリエイターが手掛けたキービジュアルのタイトルは、「はじめての映画祭」。2013年に訪れたゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、現地に到着しバスを降りたときのインパクトを思い出しながら、ライブペイントのように描き進めたという。その言葉通り、本映画祭のマスコットキャラクター「シネガー」を始め、北海道夕張市の“ゆるキャラ”として人気を集める「メロン熊」、さらにはゴジラから妖怪らしき姿まで個性豊かな顔ぶれが揃い、何でもアリなアットホームで熱気溢れる本映画祭の空気が伝わる仕上がりに。さらに、昨年本映画祭のキービジュアルの製作に携わった、飯塚貴士監督作『ゆるい–特別版』に登場するキャラクター「マメゾフ」らしき姿も垣間見せており、“ゆうばり映画祭”ファンならば尚楽しめること間違いなしだ。
宇治茶氏は「北海道を訪れることも初めてだったのですが、とんでもない寒さと映画祭の暖かさと、屋台村での楽しいひとときをよく覚えています」と当時の思い出を振り返りつつ、「思い出深い映画祭のメインビジュアルを描かせていただき、本当に嬉しいです。とにかく楽しい映画祭だということが伝わってくれたら嬉しいです」と語り、本映画祭を温かく後押ししている。キャッチコピーでもある『世界で一番楽しい映画祭』がまさに体現されたキービジュアルからは、今年の盛り上がりにますます期待が膨らむばかりだ。

さらに本映画祭の開催に向け、2月2日(金)にラインナップ記者会見の実施が決定!毎年国際色豊かな上映作品が名を連ねる招待作品を始め、審査員を務める豪華クリエイター陣の顔ぶれにも注目して欲しい。
映画を愛するさまざまなクリエイターやファンたちから、熱烈な支持を集める本映画祭の続報にご期待ください!

【宇治茶氏/コメント全文】
僕が初めて監督した長編映画「燃える仏像人間」を最初に上映していただいたのが、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013でした。北海道を訪れることも初めてだったのですが、とんでもない寒さと映画祭の暖かさと、屋台村での楽しいひとときをよく覚えています。そんな思い出深い映画祭のメインビジュアルを描かせていただき、本当に嬉しいです。

【宇治茶氏/プロフィール】
<主な作品>
ご当地ヒーロー「嵯峨野戦隊アラシヤマン」共同制作

<主な参加映画>
燃える仏像人間(2013)監督・脚本
フールジャパンABC・オブ・鉄ドン「TEMPURA」(2014)監督・脚本(オムニバス作品の一話)
バイオレンス・ボイジャー(2018)監督・脚本

<主な賞暦>
第17回文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門優秀賞「燃える仏像人間」

協賛・協力

  • PICTURES.様
  • 朝日新聞様
  • 北海道新聞社様
  • 読売新聞北海道支社様
  • 十勝毎日新聞社様
  • EPSON様
  • SAPPORO様
  • ポッカサッポロ様
  • 株式会社スターチャンネル様
  • (株)ゼロワン様
  • ANA様
  • 総合商研(株) 様
  • TSUTAYA様
  • 日本郵便(株)様
  • ゆうちょ銀行(株)様
  • ネクスコ東日本様
  • 新千歳空港ターミナルビルディング(株)様
  • マメゾウピクチャーズ様
  • マルハニチロ株式会社様
  • サンケイ技研様
  • 株式会社ティーシーエイ様
  • (株)アメリア・ネットワーク様
  • ホクユーパックグループ様
  • ユナイテッド・コモンズ法律事務所様
  • (株)プリズム 様
  • 芸術文化振興基金様
  • 幸福の黄色いハンカチ基金 様
  • (公財)JKA様
  • カタギリ・コーポレーション(株)様

KEIRIN.JP