ついに開幕!第 27 回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭! 斎藤工、駿河太郎、足立梨花ら豪華ゲストを夕張市民が歓迎! オープニング招待作品『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』舞台挨拶!!

2017.03.03

平素よりお世話になっております。本日より、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017<会期:3 月 2 日(木)~3 月 6 日 (月)>がついに開幕いたしました!今や国内外から熱い支持を集める本映画祭も、今期で 27 回目。初日となる本日は、夕張 市民らがゲストを迎える歓迎セレモニー、豪華ゲスト勢ぞろいのオープニングセレモニー、そしてオープニング招待作品の上映・舞台挨 拶と、映画祭の幕開けにふさわしいイベントが続きました。それぞれイベントの様子および登壇者によるコメントを下記にご紹介いたしま す。本情報をぜひ、貴社にてお取り上げいただけますようよろしくお願い申し上げます。

斎藤工をはじめ豪華ゲストがゆうばりに降り立つ!<歓迎セレモニー>
3 月 2 日(木)15:30 頃~ 会場:ホテル マウントレースイ前

本日 15 時 30 分頃、オープニングセレモニーを前に、新千歳空港からゲストを乗せたバ スが続々と夕張に到着し、恒例の「歓迎セレモニー」が開催された。集まった夕張市民たち
は約 200 人。「おかえりなさい!」と笑顔で旗を振り、ゲスト陣の来夕をあたたかく迎え入 れた。多数の豪華ゲスト登場で会場が盛り上がりを見せるなか、とりわけ大歓声の中登場 したのは、人気俳優・斎藤工と村上淳。今年は斎藤が「齊藤工」名義で長編初監督に 挑んだ映画『blank13』を引っさげての来夕となった。本作に出演する村上は、「監督とし ての斎藤さんも素晴らしい」とその才能を絶賛。斎藤は「街の方たちとここまで一体化し ている映画祭はここしか知らないから、楽しみたい。(『blank13』は)一風変わった作 品ではあるけれど、夕張にふさわしい作品だと思うので、ぜひみなさんに届けたい」と映 画祭参加への意気込みを語った。また、「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブ アワード」受賞者の駿河太郎、足立梨花、静野孔文らも登場し、いずれも夕張市民の熱烈な歓迎を受けながら笑顔で花道を歩い た。

<オープニングセレモニー>
3 月 2 日(木) 17:30 頃~ 会場:合宿の宿ひまわり 体育館

いよいよ「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017」が開幕!メイン会場の「合宿の宿ひまわり」ではオープニングセレモニーが行わ れ、まずは財政再生計画の全面見直しを進める夕張市が作成した、「夕張市まちづくりコンセプト映像」が初お披露目された。 GLAY の快諾を得て BGM に使われた同バンドの名曲「BELOVED」、そして「RESTART! Challenge More!」のメッセージが 力強く響き合うコンセプト映像に、会場からは惜しみない拍手が沸き起こった。オープニングセレモニーに集まった来場者数は約 600 名、取材陣は約 50 名。熱気あふれる会場にて、映画祭名誉大会長の鈴木直道夕張市長の挨拶により、ついに映画祭がスタート した。今や本映画祭の注目アワードのひとつとなった「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」の表彰式も行われ、今 年の受賞者である俳優部門の駿河太郎、女優部門の足立梨花、クリエイター部門の静野孔文の 3 名が登壇。ステージで受賞の 喜びを語り、さらなる活躍が期待される「ニューウェーブ」な受賞者たちに、会場からも惜しみない拍手が寄せられた。そのほか、今年は 出演作だけでなく審査員としても参加している武田梨奈、審査員長の内藤誠監督らが続々と登壇し、セレモニーの最後には映画 祭実行委員長・小槍山博氏から開催が宣言され、大興奮の中「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017」が開幕した。

◆ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 名誉大会長 <鈴木直道夕張市長>コメント
なんとか今年も映画祭を開催できたのは、今日お集まりいただいたすべてのみなさんのおかげです。今年は例年より遅い開催です が、映画祭最終日にあたる 3 月 6 日(月)をもって、夕張市の財政破たんからちょうど丸 10 年となります。新しい夕張の一歩が、 映画祭期間中にスタートします。この 10 年間、映画祭にお集まりのみなさんに夕張市民がどれだけ救われたかわかりません。映画祭 を 10 年間支えてくださったみなさんと、映画祭の最終日に、リスタートの一歩をみんなで踏み出せるなんてこんなに嬉しいことはないと 思います。みなさんと映画祭を楽しみつつ、夕張再生への一歩を踏めるように、この 5 日間存分に楽しみたいと思います。
◆京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード 男優部門受賞者 <駿河太郎>コメント
僕は今年 39 歳になるのですが、「ニューウェーブ」アワードをいただけると聞いて、嬉しい反面僕でいいのかなという気もしました。俳
優を始めたのは遅いですが、今すごく楽しくお芝居のお仕事をさせていただいている中、賞をいただけるというのは本当に嬉しいです。今 度はゆうばり映画祭で僕の出演作が上映されるように、そのとき夕張に帰ってきて「ただいま」と言えるように、役者道を精進したいと思 います。
◆京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード 女優部門受賞者 <足立梨花>コメント
私はこうやって映画祭で賞をいただけたのが初めてで本当に緊張していたのですが、夕張に着いてたくさんの方から「おかえり」と言っ ていただけて嬉しくて、緊張がとけました。またみなさんに「おかえり」と言ってもらえるように、たくさん映画に出演して帰って来たいと思い ます。今年も仕事はじめは映画でした。ドラマやバラエティなど色々やらせてもらっていますが、映画もたくさんみなさんに観てもらえる機 会をつくりたいと思います。
◆京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード クリエイター部門受賞者 <静野孔文>コメント
海外の仕事ばかりで、みなさんの目につきにくい仕事ばかりしてきた私が、このような素晴らしい賞をいただけたことにびっくりしていま す。この受賞を機に、これからは日本でのフィルムづくりも精力的に行いたいと思います。良いきかっけをいただきありがとうございました。

オープニング招待作品『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』舞台挨拶>
3 月 2 日(木) 18:00 頃~ 会場:合宿の宿ひまわり 体育館

本年のオープニング招待作品に選ばれたのは、『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊 S.A.C.』など、重厚な世界設定を駆使 して人間ドラマを描いてきた神山健治監督の最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。上映前の舞台挨拶では本作のプロデ ューサー・岩佐直樹氏が登場し、オープニング上映を心待ちにしている観客たちから盛大な拍手で迎えられた。岩佐氏によると、本作が 完成したのはなんと 2 月 24 日(金)。「監督がこだわってぎりぎりまで手を入れて完成した、できたてほやほやの映画」として、会場を 訪れたファンに作品をアプローチした。さらに、本作の監督である神山健治、声優を務めた高畑充希、満島真之介、前野朋哉から、 本映画祭のための動画メッセージも上映し、会場をさらに盛り上げた。

協賛・協力

  • PICTURES.様
  • 朝日新聞様
  • 北海道新聞社様
  • 読売新聞北海道支社様
  • 十勝毎日新聞社様
  • EPSON様
  • SAPPORO様
  • ポッカサッポロ様
  • 株式会社スターチャンネル様
  • (株)ゼロワン様
  • ANA様
  • 総合商研(株) 様
  • TSUTAYA様
  • 日本郵便(株)様
  • ゆうちょ銀行(株)様
  • ネクスコ東日本様
  • 新千歳空港ターミナルビルディング(株)様
  • マメゾウピクチャーズ様
  • マルハニチロ株式会社様
  • サンケイ技研様
  • 株式会社ティーシーエイ様
  • (株)アメリア・ネットワーク様
  • ホクユーパックグループ様
  • ユナイテッド・コモンズ法律事務所様
  • (株)プリズム 様
  • 芸術文化振興基金様
  • 幸福の黄色いハンカチ基金 様
  • (公財)JKA様
  • カタギリ・コーポレーション(株)様

KEIRIN.JP