昨年度グランプリ受賞監督 小林勇貴(『孤高の遠吠』)、今期ゆうばりに新作『逆徒』で凱旋! さらにこの秋、早くも商業映画デビュー決定!!

2017.03.01

2016年のオフシアター・コンペティション部門グランプリ受賞作『孤高の遠吠』。

評論家の間でも大きな評判を受けた青春群像問題作から1年、
グランプリ受賞から次回作の支援を受けつくりあげた新作『逆徒』をひっさげ、明日からの映画祭に凱旋します。

小林勇貴監督の個性的で鋭く尖った感性は作品自体にも吹き込まれ、奇抜なテーマを独自の視点で描く映像表現は観るもの引きつける。今回の映画祭でも新作『逆徒』のワールドプレミア上映舞台挨拶
に登壇し、今もっとも勢いのある弱冠26歳の若手監督の発言に注目も集まっている。
そんな若き力はとどまることを知らず、本日(3/1)、この秋公開映画「全員死刑」で小林監督初の商業映画デビューも発表されました。
彼の圧倒的な才能に惚れ込んだのは『冷たい熱帯魚』(11)『恋の罪』(11)、『凶悪』(13)『日本で一番悪い奴ら』(16)で日本のみならず世界中に激震を与えた日活のプロデューサー千葉善紀さんと過激な残酷表現で世界中に熱狂的なファンを持つ映画監督の西村喜廣さん。「僕は、監督や特殊造型プロデューサーもやっている。でも、映画のプロデュースは本当に好きなやつしかやらない!小林勇貴はその一人だ!」(西村)と語るほどの熱の入れようで、映画会社と共にこの若きクリエーターを陰ながらバックアップ。2017年秋の商業映画デビューが決まった!なお、この作品では『ライチ☆光クラブ』(16)『黒い暴動』(16)『高台家の人々』(16)『帝一の國』(17)『トリ・ガール』(17)などへの出演作で注目の間宮祥太郎初の主演作となりそういった部分も注目の一つといえます。

今後もこの小林勇貴監督に続いて、どんな才能溢れるクリエーターが映画祭から世に見出させるのか、楽しみは尽きない。ゆうばり映画祭は、いよいよ明日3/ 2(木)から開幕する!!

協賛・協力

  • PICTURES.様
  • 朝日新聞様
  • 北海道新聞社様
  • 読売新聞北海道支社様
  • 十勝毎日新聞社様
  • EPSON様
  • SAPPORO様
  • ポッカサッポロ様
  • 株式会社スターチャンネル様
  • (株)ゼロワン様
  • ANA様
  • 総合商研(株) 様
  • TSUTAYA様
  • 日本郵便(株)様
  • ゆうちょ銀行(株)様
  • ネクスコ東日本様
  • 新千歳空港ターミナルビルディング(株)様
  • マメゾウピクチャーズ様
  • マルハニチロ株式会社様
  • サンケイ技研様
  • 株式会社ティーシーエイ様
  • (株)アメリア・ネットワーク様
  • ホクユーパックグループ様
  • ユナイテッド・コモンズ法律事務所様
  • (株)プリズム 様
  • 芸術文化振興基金様
  • 幸福の黄色いハンカチ基金 様
  • (公財)JKA様
  • カタギリ・コーポレーション(株)様

KEIRIN.JP