モリーズ・ゲーム

《上映日》

3/17 sat 16:00【ひまわり1F 体育館】

モリーズ・ゲーム

© 2017 MG’s Game, Inc.  ALL RIGHTS RESERVED.

解説

2017/英語(日本語字幕)/140分/配給:キノフィルムズ/木下グループ

その名を聞けば、世界中の誰もが知っているハリウッドスターが顧客リストに並ぶ、エクスクルーシブなポーカールームが実在した。賭け金の最低額は1万ドル(100万円相当)だが、どんなにキャッシュを積んでも、オーナーからの招待がなければ覗くことも許されない。まるで都市伝説のようなサロンのオーナーは、何の後ろ盾も持たない26歳の独身女性、モリー・ブルーム。だが、栄光を極めた果てに、違法なゲームを主催した容疑でFBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。
モリーが2014年に刊行し、ベストセラーとなった回想録をもとに映画化。『ソーシャル・ネットワーク』(10)により、アカデミー賞®脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンによる初監督作品。モリーを演じるのは、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』と『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞®にノミネートされたジェシカ・チャンスティン。第75回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門主演女優賞、脚本賞にノミネートされた。

キャスト&スタッフ

[監督/脚本]
アーロン・ソーキン
[製作]
マーク・ゴードン
エイミー・パスカル
マット・ジャクソン
[製作総指揮]
レオポルド・ゴウト
[出演]
ジェシカ・チャステイン
イドリス・エルバ
ケヴィン・コスナー
マイケル・セラ

監督プロフィール

1961年NY生。28歳の時、ブロードウェイの劇作家としてデビュー。1993年、映画化を手がけた『ア・フュー・グッドメン』は、作品賞を含むアカデミー賞4部門にノミネートされ、このヒット作に続いて数多くの映画の脚本を手がけた。2011年、『ソーシャル・ネットワーク』により、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、ほか数多くの賞にて脚色賞を獲得。

  • サポーターズクラブ
  • ゲスト情報
  • お問い合わせ

ページトップ