一杯のモヒンガー

《上映日》

3/18 sun 20:00【ひまわり1F 武道場】

一杯のモヒンガー

©2017 一杯のモヒンガー製作委員会

解説

2017/ミャンマー語(日本語字幕)/28分/ワッタン映画祭(ヤンゴン、2017年9月9日)/ジャパンプレミア

この作品は、ヤンゴン在住の日本人とミャンマー人の若手クリエイターによって生み出されました。ミャンマーでは例のない「料理コメディ」という新しい分野に挑戦。ミャンマーの伝統料理のなまずそば「モヒンガー」を軸に展開する復讐劇です。機械化による大量生産でミャンマーモヒンガー界を牛耳る悪の組織を相手に、若い職人が父の仇を取るため、手作りモヒンガーを武器に闘いを挑むストーリーです。
2017年9月にはミャンマーで最も伝統のあるワッタン映画祭に出品。ミャンマーの映画関係者から、そのユニークな着眼点や、漫画のようなストーリー展開で高い評価を受けています

キャスト&スタッフ

[監督]
北角裕樹
[共同監督]
アウントゥレイン
[脚本]
平田 悠子
[プロデューサー]
新町智哉
[出演]
ネイウーライン
ウ・テアウン
ウ・アウンアウン

監督プロフィール

1975年東京都生まれ。1999年、早稲田大学卒業。日本経済新聞記者などを経て、2014年にミャンマーにわたり、地元情報誌の編集長に就任。2016年に独立して「ヤンゴン編集プロダクション」を設立。現在ヤンゴンでフリーのジャーナリスト、映像作家として活動。短編コメディ「一杯のモヒンガー」は初の監督作品。

  • サポーターズクラブ
  • ゲスト情報
  • お問い合わせ

ページトップ