ミルサン

ミルサン

解説

2016年/タミル語(英語・日本語字幕)/ジャパン・プレミア/106分

化学実験の失敗により、インドの町がゾンビ・セントラルへ姿を変えてしまう。救えるかは警官のカールティクにかかっている。

ミルサンはタミル語初のゾンビ映画。主演はゾンビの脅威に立ち向かう警官のジェイヤム・ラヴィ(「孤独な男」)と唯一の治療ができる可能性を持つ若い医師ラクシュミ・メノン(「ジーガラダンダ」)。傑出した音楽、アクション、信じられないほどすばらしいユーモア・センスに満ちたエネルギッシュな映画だ。タミル・ナードゥ初のゾンビ映画は称賛に値する最高傑作で、既に長期間に渡り最もすばらしいインドのホラー映画のひとつである。

キャスト&スタッフ

[監督/脚本]
シャクティ・サウンダー・ラジャン
[制作]
S. マイケル・ラヤッパン
[撮影]
S. ヴェンカテシュ
[音楽]
D. イムマン
[出演]
ジェイヤム・ラヴィ
ラクシュミ・メノン
スリマン
カーリー・ヴェンカット
アニカー・シュレンドラン

監督プロフィール

シャクティ・サウンダー・ラジャンは、主にタミル映画界で活躍しているインドの映画監督である。Naanayam(2010年)で監督デビュー後、Naaigal Jaakirathai(2014年)で大躍進を遂げる。彼の次作品「ミルサン」(2016年)は、タミル映画界で初のゾンビ映画である。

  • 作品応募
  • ボランティア募集
  • サポーターズクラブ
  • ゲスト情報
  • お問い合わせ

ページトップ