KOKORO

KOKORO

解説

2016年/フランス語・日本語(英語・日本語字幕)/95分/提供:Need Productions / Blue Monday Productions

夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、旅に出ていた弟ナタンが戻ってくる。彼の語る言葉には、日本で生きる意欲を見つけたとのものだった。しかし数日後、彼は突然この世を去ってしまう。弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた日本に何かあると、ひとり日本へ旅立つのだった。ナタンの残した言葉を頼りに、弟の足跡をたどっていくアリス。そこで彼女は、海辺の村に住む元警察官ダイスケと出逢う。彼は飛び降り自殺をしに村の断崖を訪れる人々を、そっと思いとどまらせているのだった。求めすぎず、静かに傷をいやすことのできるその場所に、アリスはどこか安らぎを感じる。そしてダイスケをはじめとするジロウ、ミドリ、ヒロミ、ハルキら出会った人々を通じて、いつしか生きる意味に自然と気づき、次第にアリスは回復してゆく。監督は長編2作目となるヴァンニャ・ダルカンタラが日本を舞台に心温まる感動作を描く。

キャスト&スタッフ

<スタッフ>
[監督・脚本]
ヴァンニャ・ダルカンタラ
[原作]
オリヴィエ・アダム
[エグゼクティブプロデューサー]
アンヌ=ロール・ゲガン
[プロデューサー]
デニス・ドルカンプ
ベルトラン・ゴール
[撮影監督]
ルーベン・インペンズ
[美術]
イザベル・ジラール
富田麻友美

<出演>
イザベル・カレ
國村隼
ニールス・シュナイダー
ファプリツィオ・ロンジョーネ
門脇麦
安藤政信
長尾奈奈
葉山奨之

監督プロフィール

ベルギー生まれ。ブリュッセル映画学校にて映画製作を、ニューヨーク大学にて脚本を学ぶ。2006年短編監督作品「Granitsa」は、数々の国際映画祭にて上映される。長編監督デビュー作「荒野の彼方へ Beyond the Steppes」(10)はロカルノ国際映画祭コンペティションに出品、マラケシュ国際映画祭で審査員特別賞受賞、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011で監督賞を受賞している。

  • 作品応募
  • ボランティア募集
  • サポーターズクラブ
  • ゲスト情報
  • お問い合わせ

ページトップ